京劇とジャニーズの皆さま方

昨日の朝の智くんのラジオがすっごくかわいかった!
って、朝早々に姉からメールが届きました(^^)
ヒマになって、よく食べ、よく寝てるから、
「お腹まわりが分厚くなってる」って! 「危機感、感じてる」って!
でも、「これ以上にはならないから、心配しないで」って♪

うん、うん。顔の黒さはすごかったけど、
先週のMステや今朝のWSでの智くん。シュッとしてたよね(*^_^*)
さて、今週のMステはどうかな???


ところで、潤くんが読んでる、伝奇?伝記?小説ってなんだろ(@au発表会)。
ドラマ撮影期間でも、本を読む時間を取れているのは何より(^^)



先週末、舞台を友達と見に行っておりました。
初めての生の「京劇」観劇です。

10年以上前になるのかしら?
深夜に映画『さらば、わが愛 ~覇王別姫』をTVで放送してた時、
たまたま見てて、故レスリー・チャンがとっても美しくて、
それ以来、京劇に興味があったのです。



何年か前には、京劇衣装展に行ったこともありました。
画像


昨年には、ヒガシ主演の舞台『さらば、わが愛 ~覇王別姫』を見に行って
涙がボロボロと流れるほど、とってもとても感激しました。


そしてようやく、ホンモノの京劇です。

画像


まず、音にびっくり。
銅鑼?みたいなのを、カンカンってずっと大音量でたたいてて、
ここに二胡とか他の楽器もあって。
大迫力でした。

“見得切り”や“かけ声”、隈取りとか、
きっと京劇の流れから来てると思いますが、
歌舞伎と似ているところが多々あったのが興味深かったです。
女性役の手と指の動きがとてもきれいで艶めかしくって目が離せなかった。


2つ演目が上演されたんだけど、2つめの『孫悟空』。
これこそ、まさに私がイメージする、京劇!って感じ。
衣装も化粧もド派手で豪華で、殺陣も豊富。
バク転・バック宙・連続バク転。アクロバティックな動きがたっぷり。
特に主役の孫悟空の動きがすごかったこと!
孫悟空、強すぎる!!!!!

端っこの方ではあったのですが、前から3番目の席だったので、
バック宙やバク転する度に、床のどすんという音が聞こえるので、
さらに迫力満点で、とってもおもしろかった

ちなみに、7月4日にも追加公演されるとのことです(^^)


私自身は、今月末に大好きな玉三郎さまが、
中国で上演した昆劇舞台『牡丹亭』のシネマ歌舞伎が上映されるので、
それを楽しみにしたいと思いま~す



タイトルの話題に戻りますが、今回の京劇公演。

この劇団の主宰者(中国の方)が、
実は、ヒガシの舞台『さらば、わが愛 ~覇王別姫』とか、
狂言師の野村万之丞の舞台とかで、京劇の演技指導をしてる方なの。

でね、この方、2年前からタッキーさんの『滝沢演舞城』にも
稽古や変面指導に携わってるんだって。

このことは、まったく知らなかったのですが、
数ヶ月前のこの方のメルマガで
タッキーさんとジャニーズのことが書かれていて、
「あっ、やっぱすごい集団なんだ!」と思ったので、ちょっとご紹介します。
(文面通りではありませんので、雰囲気で)


タッキーさん、最初は(京劇?の芝居については)
「できるかわからないけど、やってみたい」ぐらいだったのに、
今ではすっかり自分の技になって、演舞城では欠かせない演目

になっているほど、すばらしいそうです。

そして、演技指導のために久々にタッキーに会ったけど、
彼はカンが良くて、覚えや理解が早い。
さすがスター。あたりまえに違う。


続けて、
この主宰者の方が演技指導とかでかかわった、ヒガシ、翼、岡本健一とか、
ジャニーズ事務所のスターたちはみんなまじめで覚えが早い。
経験してみることを恐れない。それが役者。すごい。


って、手ばなしで褒めていらしたのです。
雑誌やTVとかのオープンな場ではなく、
基本的にはクローズドな空間であるメルマガで。

このメルマガを読んで、まるで自分のことのようにうれしくて感激でした。


嵐ファンになる前の私を含めて、
世間的には“ジャニーズ”って色眼鏡で見られることも多いと思います。

だけど、
演舞城を見に行ったこともないし、
嵐以外のジャニーズのことはほとんど知らない私ですが、
ジャニーズで活躍している方達は、
大きな才能と鋭い感性がある上に、
さらにその才能を磨くことに一所懸命な努力家で、
地道に努力を惜しまない集団なんだろうなって思った。

だからこそ、
ジャニーズと一緒にお仕事をされたことのある方は、
彼らのそんな姿を見て、ファンになったりするんだろうね。
J事務所のやり方にはいろいろ言いたいことはありますが(^^;
本人達は魅力あふれる方々なんだろうな。


思いがけないとこでジャニーズの話が出てきた、
とってもうれしいエピソードでした。




作家の栗本薫さんが亡くなってしまいました。驚きました。

たぶん、30巻くらいで読むのを断念してしまったと思いますが、
『グイン・サーガ』は当時、夢中で読んでいた憶えがあります。
126巻で未完となってしまうかもしれない『グイン・サーガ』。
笑いもあった「伊集院大介」シリーズも大好きでした。
活字に飢えていたあの頃、彼女の本は友達の間でも大人気でした。

心よりお悔やみ申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント