本はこんな感じで。2008年に読んだ本。

先日は、今年見た映画をまとめましたが、
今年読み終わった本についても書いておこうかと。
ただ、読んだ本って、
結構“人”が表れるような気がするので、ちょっと恥ずかしいけどね。
まっ、2008年に読了した本をまとめて。

あくまで個人的備忘録で、記事も長いので、
興味がある方のみお進み下さいませ(^^)

ちなみにエッセイやハウツー本はほとんど読まないので、すべて小説です。


《一気に読み終わったで賞》
・『ゴールデンスランバー』/伊坂幸太郎
・『フロスト気質 上下』/R・D・ウィングフィールド 

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇。

久々の伊坂作品でした。
息をつかせぬスピード感。散りばめられた伏線。
時間軸があちこちいくのに、それでも読者に混乱を与えない展開。
伊坂幸太郎らしい作品。
「2008年本屋大賞」受賞作だそうです

終結方法は別として、潤くん主人公で映画化はいかが?
追いつめられて混乱して逃げまどう潤様が見たい(^^)


待ってましたフロスト警部!!! シリーズ第4弾。
下品で下ネタ好きでだらしなくて、絶対に一緒に働きたくないタイプ。
でも仲間を大切にするし、頭が超キレる。
同時発生するいくつもの事件を悩みながら解決していく。
このしっかりとしたストーリー構成。
第4弾でも衰えず。素晴らしい
今作ではフロストの悩みがかいま見られてちょっと切なかった。

著者は高齢で、既に亡くなっているそうなので、
未訳のものはあと2冊のみだそう。とても残念。


  


《考えさせられたで賞》
・『半島を出よ 上下』/村上龍
・『ジーン・ワルツ』/海堂尊


北朝鮮の武装集団が、ひそかに福岡に上陸し、
試合中の福岡ドームを占拠し、
九州を独立国家とすると日本政府に要求してきた。目的は何か。
世間から落ちこぼれた奇妙なグループが立ち向かう。

内容云々よりも、ぬるま湯状態の日本が狙われたら、
占拠なんてあっという間だろうな、って恐くなったわ。
リスクマネジメントなんて、言葉だけで、あってないようなもんだろうし。

この世の中で私が一番嫌いなアイツ(生き物)が
表紙(本編にも出てくるし)にたくさん使われてるのが気持ち悪かった・・・。
あと、福岡ドーム周辺が舞台だったので、嵐コンが懐かしくなった!



『チーム・バチスタの栄光』と同じ著者の作品。
人工授精、生殖医療、代理母、産婦人科・産科医不足。
さまざまな問題に自ら出来る範囲で解決しようとする女性医師。

問題が山積みだってことわかってるはずなのに、
まったく改善が見えない日本の産科医療。
この本を読んでて、どうにかなんないの!
って、イライラして、また怒っちゃったよ


   


《そのユルさが好きで賞》
『まほろ駅前多田便利軒』/三浦しをん
『カツラ美容室別室』/山崎ナオコーラ

便利屋を営むオレの元に、
いつの間にか同級生のアイツが転がり込んできた。
男性2人の奇妙な同居生活が始まる。

2人とも誰かのそばにいたかった。
ユル~い話なんだけど、ちょっとホロリとさせられちゃったわ。



カツラをかぶりながら理容室を営む桂さん。
どこか魅力があって、つい集っちゃうオレたち。

職場での人間関係に悩んだりして、身につまされるとこあるけど、
なんかこんな生活っていいかもって。
ピクニックがしたくなっちゃった


   


《また号泣したで賞》
『さくら』/西加奈子

ちょっと不思議な話なんだけど、ダラダラ泣いてしまった。
犬登場ものはヤバいです。それだけで泣ける。
去年の私のオススメ本きいろいゾウと同じ著者。




《ちょっと切なくなるで賞》
『長い終わりが始まる』/山崎ナオコーラ

なんか自分は普通の人とは違う?浮いてる?
それでもいいや。だって自分は自分だから。
でも、もしかして恋しちゃったかも。アイツに。

好きな人に素直になれない主人公が少し切ない。
去年読んだ浮き世でランチと通ずるかな。




《映画が見たくなるで賞》
・『西の魔女が死んだ』/梨木香歩
・『アメリ』

映画を見てから、原作を読んだから、
文章を読んでて、映像がそのまま浮かんできた。
おばあちゃんと孫娘とのステキな話です。


私の大好きな大・大・大好きな映画のノベライズ本。
レンタル含めたら、何回この映画見ただろう。
アメリの空想癖がかわいくて、うらやましくて。
音楽もステキだし、何度見ても幸せになれちゃう。


  


《甘・甘で勝手にやってよ~で賞》
『別冊 図書館戦争Ⅰ』/有川浩

図書館戦争シリーズの別冊。
主役2人のその後を描いたエピソードの短編集。

恋人になりたての甘~い2人なので、読んでてこっちが恥ずかしくなるわ!
ちなみに今年は『図書館革命』も読み終わりました。

   


《読後感がサイアクで賞》
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン東京 上下』/楡周平
『レイクサイド』/東野圭吾

学園紛争のさなかに出会った男と女。
東大攻防の日に別れ、男は政治家に、女は大病院の理事となった。
それがあることをきっかけに、出会ってしまった。

権力を持つことって、そんなに魅力があるものなのかしら。
私にはまったくまっ~たく理解できない世界。
誰かを陥れて権力を持つよりも、みんなで幸せになる方がいい。


ドラマ化か映画化されたはず。ちらっと見た記憶があります。
どろどろしてて、受験戦争の哀しい一面というか。


  


《医療系と金融系本が好きなので賞》
『ブラックペアン1988』/海堂尊
『螺鈿迷宮』/海堂尊

『株価暴落』/池井戸潤 

チーム・バチスタと同じ著者。ストーリーは忘れちゃった(^^;
ただ、海堂尊だから、多分、おもしろかったんじゃないかと・・・。
医療系の話が好きなので、図書館で見つけたらつい借りちゃいます。


巨大スーパーで連続爆破事件が起き、株価は暴落。
企業体質の変わらないワンマン経営に危機感を抱き、
スーパーへの融資、支援を打ち切ろうとする銀行の審査部。
融資を強引に推し進めようとする企画部との銀行内抗争。

金融系の話も好きなのです。
このスーパーのモデルって、あの企業?って示唆する記述があちこちに。
インサイダー取引と正常取引の線引きって、実際にきちんとしてるのかしら。


    


《前作を読んでおけば良かったで賞》
『楽園 上下』/宮部みゆき

『模倣犯』で登場したフリーライター前畑滋子が主人公。
死んでしまった少年の母親から、不思議な調査依頼を受けた。
事件のトラウマを抱えたまま、真相を突き止められるのか。

『模倣犯』は遙か彼方昔に読んだので、
な~んとなく滋子っていう人がいたな、っていう記憶しかなくて、
人物像がいまいち思い出せなかったの。
『模倣犯』読み直してから、この本を読んだ方がよかった。




《時代小説が読みたいで賞》
『夜明けの星』/池波正太郎
『密命 見参!寒月霞斬り』/佐伯泰英

ここ数年、時代小説や歴史小説が好きになってます。
年をとった証拠???

藤沢周平の人物や風景描写のこまやかさ、
司馬遼太郎や池波正太郎のストーリー展開のうまさ、
いずれも秀逸ですよ。しばらく読んでないから、また読みたくなっちゃった。

ちなみに、再来年の大河ドラマで、ましゃ兄が坂本龍馬をやるの
めっちゃ楽しみ~。
幕末モノ好きだし、龍馬好きだし、ましゃ兄好きだし、3度おいしい!



佐伯泰英は、ある方に薦められて初めて読んでみた。
「密命」はシリーズもののようです。
さらっと読めて、時代小説のスタートにはいいかも???


   


《次回作に期待で賞》
『ホルモー八景』/万城目学

鹿男あをによしの著者で、鴨川ホルモーの番外編。

短編集だからね。なので次回の長編作品を期待しま~す!
ちなみに『鴨川ホルモー』は、
山田孝之、濱田岳、芦名星、荒川良々とかで、来年映画公開




《わぁ~そう来たか!で賞》
『サクリファイス』/近藤史恵

自転車レースでの死亡事故。
ただの事故だったのか、それとも殺人だったのか。

やられたね、これには!
上へ上へと這い上がろうとする厳しいレースの世界。
そのドロドロがあって、汚いなって思うこともあるんだけど、
何故か読後感が爽快だった。




これ以外で読んだ本は、以下。

『八日目の蝉』/角田光代
『ベーコン』/井上荒野
内容、あんま覚えてないや・・・(^^;
 

『聖灰の暗号 上下』/帚木蓬生
この著者も、最初の頃は医療系の小説書いてたんだけど、
最近は、まったく違うジャンルに行っちゃった。
ただ、今も気になるから新刊出るとつい読んじゃう。




『楽園の眠り』/馳星周
こちらも内容、あんま覚えてない・・・(^^;
でも、なんかイヤな話だったような気もする。


『仮装集団』/山崎豊子
1960年代と時代設定が古くて、読んでて違和感ありすぎたかな。

なので、久々に『沈まぬ太陽』が読みたくなった。文庫本もあるし。
上梓の際、『沈まぬ太陽』は絶対に映像化しない、
っていう密約をあの航空会社と結んでるとか、ないとか・・・。




上下巻含めて、今年読んだ本は32冊。
1ヶ月に約2.5冊のペース。確実にペース落ちた~(-_-)(-_-)(-_-)
以前は、1ヶ月に約5冊、2冊同時並行して読んでたこともあったのにね~。

前からTVっ子だった私ですが、バラエティをほとんど見てなかったけど、
今はアラシちゃんあるし、宿題くんあるし、VS嵐あるし、歌番組あるしね。
仕事関連で本を読まなきゃいけないことも多くなって、
好みの本を読む時間が少なくなっちゃったのよね~。

本好きの潤くんを見習って、2009年は今年以上に本を読むことが目標


つい先日『流星の絆』読み終わりましたよ。
ただ、記事を追加しようとしたら文字数オーバーで追加不可(>_<)
なので、原作&ドラマの感想はいずれ別記事にて!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

usagi
2008年12月29日 20:42
うきゃ~SOHOさん、何て事を!
だめです、素通りできません。でも絶対コメが長くなってしまうので、これはメール向きかな?とも思いますが、メールでは例の、自分で勝手に課した宿題がありますので、ここで超簡単に書かせていただきます。(既に長いがな)

私に伊坂さんについて語らせると30分は平気で喋ります、多分。つい一昨日『モダンタイムス』を読み終わりましたが、伊坂作品で唯一読み返したくないかも(笑)。『ゴールデンスランバー』好きです!
で、本屋大賞2位の『サクリファイス』・・爽快でした yomyomにスピンオフが載っているそうですよ。
『図書館戦争シリーズ』も大好き。私は柴崎と手塚が好きなので、別冊だったらⅡの方が好みです。有川さん作品では『阪急電車』を激しくお勧め 海堂さんも三浦しをんも万城目さんも書きたいことは多々ありますが、この辺で!
♪usagiさんへ
2008年12月31日 02:00
usagiさん
素通りせず立ち止まって頂き、ありがとうございます(^^)
結構、usagiさんと読む本がかぶってることに気が付いてびっくりです!伊坂さんは、アヒルと鴨とか、重力ピエロとかオーデュボンとか読んだことありますよ~。
私は図書館派なので、人気作は予約数が多くって半年待ちとかなんですよ。早速『阪急電車』は予約してみましたが、こちらも人気作のようで一体いつ借りられるか・・・(>_<) もちろん図書館のⅡもまだ借りられてないんです。早く来て欲しいなぁ~
usagi
2008年12月31日 22:58
レスのレスなので、お返事は結構です。帰省もしていらっしゃることだし・・。
これが私の2008年最後のコメになりそうですわ(何か恩着せがましいな・笑)。

はいはい、私もしっかり図書館派ですよ。(お金も保管しておく場所もないし
ただね、予約入れるのが結構早いんです。「出た!」と知った時点では図書館でまだ購入されてはおらず、当然PC予約も出来ないため、最寄の図書館(分館)に出向いて従来のようにリクエスト用紙で予約を入れます。そうすると、予約順位が1位だったり一桁だったりして割とすぐ読めるのですね。PCに載ってからだと予約順位がすごいことに・・。これだけはアナログの勝利だと思っています。
そこで気に入ったら買うようにしてるんですが、さすがに『流星』だけは最初から買いました(笑)。
なんと・・SOHOさん、『阪急電車』予約して下さったのですか?! もしお気に入らなかったらどうしよう!! でも、職場のアラサーちゃんに貸してあげたら一気読みしたそうなので・・お気に召すことを祈りましょう
♪usagiさんへ
2009年01月04日 21:02
usagiさん
そう言えば、わたしも最初の頃は手書きでリクエスト用紙を書いていた記憶が・・・。手間をかければ、その分、いいコトがあるんですね~♪ まっ『阪急電車』は気長に待ちま~す。半年くらい!?