『マグマ ~小説国際エネルギー戦争』

今回の中越沖地震の発生で、
問題が続々発覚している原子力発電所。
そしてこの夏の猛暑による電力不足問題。
たまたまだったんだけど、タイムリーな本を読みました。
マグマ 小説国際エネルギー戦争』。

かなり久々の読書記事。
この本も1ヶ月以上前に読み終わった本だったんだけど、
嵐ゴトが多くって、記事アップできてませんでした~。



外資系ファンドのターンアラウンド(企業再生)部の野上妙子は、
休暇から帰ってきた時、
自分の机、部署がすべてなくなっていたことに気がついた。

問いただそうと東京支店長の元に向かったところ、
彼から、地熱発電を研究し運営する、
日本地熱開発の再建を任された。
原子力に替わるエネルギーとして、
地熱発電の潜在力や将来性、安全性を見越しての再建だという。

この裏には、
中国、インド、韓国の急速な原発建設にともない、
これらの国の核保有に恐怖を持った欧米各国が、
日本のすべての原発の閉鎖を強固に求めていたからだった。

原発の問題点とは。
地熱発電は資源を持たない日本にとって、
エネルギーを生み出す真のものに成り得るのか。





この人の小説はやっぱりおもしろいね。読みやすいし。
原子力発電の仕組みもなんとなく理解できたし。
小説で書かれている、数字のまやかしも実際ありそう。
最後の方では、
彼女と研究所の所長とのやり取りで泣かされちゃったし。

どこまで本当のことかはわからないけど、
地熱発電開発が進まない理由に、
政治や業界、官僚の思惑がからんでいたりして。

これだけ柏崎原発のもろさが浮き彫りになると、
原発がこわく感じる。
「想定外のことが起きた」って、
想定外以上のことが起きることを見越して
発電所を建設してるわけじゃないの?って。
あんなに危険なものを扱っているのに・・・。
何かあったら取り返しがつかないんだよ!

わたしたちって、
「原発やめますか? それとも今の便利な生活やめますか?」
っていう電力業界のプロパガンダに踊らされてるのかもしれない、
ってチラっと思っちゃった。

もちろん、もうこの生活はやめられないんだけど・・・。


真山仁原作のドラマ「ハゲタカ」。
NHK22:00~再放送中!




真山仁/朝日新聞社
    



にほんブログ村 本ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント