旬くんの舞台『お気に召すまま』観覧

行ってきました!
渋谷文化村で公演している小栗旬くん&成宮寛貴くんの
シェイクスピア舞台『お気に召すまま』。
以下、ストーリー&演出含め、ネタバレなので、
ネタバレNGの方はご遠慮くださいね。

あっ、以前、『お気に召すまま』の翻訳は読んでおいたのですが
今回また舞台観覧直前に、
今度は舞台の基本となっている松岡和子訳の
『お気に召すまま』を再度、読みました。

以前読んだのとは違って、松岡和子版は読みやすい!
注釈もしっかりと書かれているし、
訳文が、すっと頭に入ってきます。

舞台を見に行く場合は、松岡版を読むことをおすすめ。
蜷川さんも、ほとんど変更をせずに、
この訳を採用しているそうですので。

以下、ネタバレ注意


画像
























一言でいいますと、
旬くんがめちゃめちゃかっこよかった

やっぱりあの人は舞台にぴったりですよ。
映えます。
あの顔、あの姿形、あの背の高さと体格のよさ。
ただ立っているだけで、絵になります。

座席が3階席のかなり後ろの方しか取れなかったので、
双眼鏡を持って行ったんだけど、
双眼鏡越しに見た旬くん。
なんておきれいな顔をしてるんでしょう・・・。はぁ・・・

もちろんね、表情の演技もすっごくよかった。
怒り、悲しみ、ロザリンド(成宮くん)に対するせつなさと愛しさ。
涙ぐんでいたり、オリヴァーに対する憎悪でいっぱいだったり。
迫力があるよね、やっぱり生は。

あの体格だから、何を着ても似合っちゃうんだけど、
最後の結婚式での正装。
松本潤くん絶対第一のわたしが、
旬くんに思わずドキッとしてしまうほとでした。
「かっこいー」とつぶやいてたよ・・・
髪型もすてきだし、後ろ姿もいい。




わたし蜷川さんの舞台を見に行くのは初めてだったんだけど、
さすがに演出おもしろいね。
最初のみんなの登場シーンがおもしろかった!
1階席を通り抜けて、登場人物全員が走って舞台上へ。
いったん挨拶をみんなでして、
一幕の登場人物である、オーランドー(旬くん)とアダムだけ残って、
オーランドーが舞台上で、衣装を着るの。
まぁその着替え姿もかっこいいんだけどね。

残念ながら、今回は姉もわたしもA席しか取れなくて、
舞台からめちゃめちゃ遠かった。
あれね、1階席だったらたまらないよ。
旬くんを含め、キャストはすぐ近くを何度も何度も通るし、
一列目なんて、舞台との距離1mくらいじゃないかな?
舞台の先端に座って、旬くんが演技することもあるから、
あんなに近くで旬くんを見たら、惚れるのは間違いないね。




旬くん以外ですばらしかったのは、シーリア役の月川悠貴。
わたし、舞台を見るのは久々だったということもあるけど、
この人、誰?っていうくらい、すばらしいの一言。
この人が出てきただけで、舞台がひきしまるし、
違う空気を持ってる気がした。

女性役だから、
やわらかい声、少し小さめの声でセリフを言うんだけど、
不思議と声が通るの。
後ろを向いてセリフを言っても、
3階席のわたしまではっきりと聞こえる。
女性らしいやわらかい動き、体のなめらかさ、しぐさ。
ともかくすべてが完璧でした。彼に魅了されました・・・。

もちろん、
前侯爵役の吉田鋼太郎もお兄さん役の鈴木豊も



あとね、思いがけず涙ぐんでしまいました。
羊飼いのシルヴィアスとフィービとのやりとりに。

「もしそうならどうしてあなたを愛して悪いのか!」

こんなにも、こんなにも愛おしいのに、
なぜこの気持ちがあの人に伝わらないのか・・・。
なぜあの人は振り向いてくれないのか・・・。

ロザリンド(ギャミニード)とシルヴィアスとフィービ。
この3人のこのシーンは名シーンでした



成宮くんも膨大なセリフを含めて演技すっごく頑張ってました。
3年ぶりの上演なのかな?
同じ演目だから、余裕もでてきたんじゃないのかしら。
前の舞台を見たわけじゃないけど、堂々としてました。



画像


舞台前には、文化村近くのカフェでランチ。
ご飯と一緒に写っているのが、『お気に召すまま』のパンフ袋。
英語で「As You Like It」と書いてあります。
パンフレットを買うとね、オリジナルの袋が付いてくるの!
いいよね~。
コンのパンフも、こんな袋付きならいいのにな。


そうだそうだ、舞台の売店で、
「花より男子」「花より男子リターンズ」のDVD売ってた
欲しかったな~。初回特典のDVDが見たい、見たい、見たい





でね、マチネを見たから、終演したのが17時頃だったかな。
興奮状態の姉とそのままお茶してたら、
おしゃべりが止まらなくなり、そのまま夕食へ。

食事もそこそこに、おしゃべりへ突入。
舞台の話はもちろんなんだけど、
そもそも、私たちがファンになったきっかけとなった
「花より男子」や「ごくせん」、「STAND UP!!」とか、
旬くん潤くんの話で2人で大盛り上がり。

たださ、すっごくおかしいのが、
お互いに同じ話題を話してるんだけど、
対象が、姉は旬くん、わたしは潤くんなのよねー。
話がかみあってるのか、かみあってないのか、
よくわかんないんだけど、根っこは花男だから


22時ごろになって、さすがに店を出たんだけど、
そのまま「出待ち」ってどんな感じなんだろうね~、
という話になり、
生まれて初めての出待ち体験へ!

文化村をぐるりと一周して、
出口っぽいファンの人が集まってるところで、
ただひたすら待つ

22時過ぎには出てくるんじゃないかという
希望的観測で、ただひたすら待つ

月川悠貴っぽい方と、鈴木豊(オリヴァー)には遭遇。
22:30ごろに出てきた鈴木豊さんは、
わたしたち出待ち人に向かって、
「遅くなりそうだから、ここで待つのも・・・だと思うよ」
のようなニュアンスの言葉をかけてくれました。
いい人だ。かっこよかったし。

で、いつまでたってもお目当ての旬くんは出てこないし、
(出口らしいとこも1ヶ所じゃなさそうだったし)
23時ぐらいに諦めて帰っちゃいました。
むつかしいね、出待ちは。待つ場所も諦めるタイミングもわからない。

「出待ちへの道は、一日にしてならず」


ちなみに、わたしたちが舞台を見に行った日は、
芸能人っぽい人は誰か来てたのかもしれない。
わたしの座席からは見えなかったけど、
帽子を目深にかぶった人が、上演寸前に座ったらしいから。

たださ、旬くんの親友である潤くんニノは、
「嵐の宿題くん」の収録日だったから、来られるはずなかったのよね。
ちと残念でした
潤くんはコン開始前に見たらしいし、北村一輝や
堀北真希、生田斗真、ユースケサンタマリアは既に観劇したらしい。



テレビと違って、やっぱり生はいいですね。
迫力が違いますよ。
コンと違って、舞台はそんなに広い会場ではないから、
その人を間近で感じられる。
旬くんの次の舞台も、相葉ちゃんの舞台も見に行きたいな~。


さてさて、あと2日です
わたしの嵐2007夏コン@横浜アリーナ参戦
もうすぐ、潤くんに会える~

コン後、ラップに惹かれて翔くんファンになってたら、笑ってくださいませ・・・ね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月30日 14:37
SOHOさん、こんにちは~!
レポ楽しく読ませてもらっちゃいました☆
ステキだったんだなぁ!って、すっごく伝わってきて・・・
私が初めて蜷川さんの舞台を生で観たのは
藤原竜也くん主演の「ロミオとジュリエット」だったんですけど、
通路を通っているのに、ロミオの周りだけ別世界のようにキラキラ輝いていて
ホント見とれちゃいました!!
生はやっぱり違いますよねぇ★
2007年07月30日 17:30
舞台も旬くんも素晴らしかったです!
テレビで見る旬くんもステキですが、
舞台の旬くんはさらにかっこよかったです♪
藤原竜也くんもきれいなんでしょうね~。
もっともっと舞台を見に行きたくなりました! 生はいいですね♡

rosy
2007年08月02日 19:32
いわゆる芸能人の方の舞台って未経験なんだけどぜひ見てみたい
旬くんは本当に評価が高いものね
目力があって素敵だと思います
潤君の次くらい、あ、翔ちゃんの次かな(笑)
ただ今の私に予算があるのだろうか・・・
嵐よ・・・
嵐もパンフ袋ほしいね
2007年08月03日 01:00
旬くんかっこよかったよ。
わたしの場合は、
潤くんの次くらい???

でも相葉ちゃんも、翔くんも、
ちょこんと座っちゃうニノも、
ダンスのキャプテンも、みんなステキすぎる。
嵐最高!!!