ひととどう関わればいいの? 『浮世でランチ』

この著者は前から気になってました。
わたしが取ってる新聞の日曜版だったかな、
エッセイ風のを連載してたから。
自分自身の自信のなさとかひととの距離の取り方とか、
結構、“素”なのかな、と思わされる文章を書いてたから。

芥川賞の候補作になったデビュー作はまだ読んでないんだけど、
図書館で見つけたので読んでみました。
浮世でランチ』。


25歳の主人公。
彼女はランチを誰と一緒に食べるかという悩みを抱え、
結局、毎日コンビニ弁当を手に公園で一人で食べていた。

会社を辞めることにした彼女は、初めて海外一人旅に出ることに。
目的地の一つがミャンマー。


彼女は昔から一人でいるのが苦手ではなかった。
それでもなんとなく仲良かったのが、
男の子なのになぜか女言葉をしゃべる、
幼なじみの犬井。

中学時代、
犬井が好きな新田さん、わたしが好きな高林さん、
最近気になっている鈴木くんの同級生5人で、
ミャンマー人の母親と住む犬井の家で
「神様ごっこ」を始めることにした。

25歳の今の彼女と、中学時代の彼女が
交互に錯綜してストーリーが進む。



ひとが苦手だからって、意識的に避けてても、
みんなさ、他人とかかわってないってことはないんだよね。

この主人公もそう。
一人旅に出ていても、
会社でもそんなに仲良かったつもりもなかったミカミさんと
メールで会話して、自分の考えてることを吐露してたり。
4人のうちの誰かが書いてるってことを知ってるはずなのに、
神様ごっこで、神様と手紙の文通して会話をしたりして。


著者自身はこの主人公に似てるのかな、と思っちゃった。
決してね、見てて、読んでて「イタイ」わけじゃないの。
ただ、ひととどう関われば、どう距離を取ればいいか、
わからない、うまくつかめないというか。。。
そういうことって、わたしも感じることあるし。


本文より
ミカミさん宛のメール 
~・・・もっとハキハキ喋れば通じるのかもしれないのに、
ワタシは自信のないしゃべり方しかできない。
思えば日本でもそうでした。
日本語がわかる人にも、私の言葉は通じない。
誰にもなんにも、通じないんです。・・・~


ミカミさんからの返信メールより
~・・・「上手く喋れないけど、わかって欲しいの」
としか考えていない人の言葉に、
耳を傾けたいと思う人はいません。
どうしたらいいのかは、自分で考えてみてください。~






彼の本が好きで、
著作を読みあさっていた“火宅の人”の壇一雄。
彼のことを書いた沢木耕太郎の本にもあったけど、
ちょっと引用。

~壇(一雄)には、常に、
自分がいる場所から抜け出したいという思いがあった。
壇には、放浪の欲求と人恋しさが常に同居していた。
常にひとりであることを欲しながら、
同時に人とあることを欲する。
あなたが望んでいる孤独というのは、
新宿裏の孤独なのですね。
人に会いたくなれば、
いつでも人に会えることが必要なのですから。 ~

沢木耕太郎 『壇』より。


人って、
いつも誰かといることを、誰かと一緒にいたいんだということを、
意識せずとも欲しているのかな。


山崎ナオコーラ/河出書房新社


にほんブログ村 本ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rosy
2007年07月27日 00:01
これもまた魅力的ですね
何だか自分に置き換えて考えてしまいそう
確かに人を凄く欲してる時ってあるかもしれない
たまに、「全く1人で生きてます」みたいな事を耳にするけど、
人と人から生まれてきた人が1人で生きれるはずがないもんね
どんどん繋がって行ってると思う
その昔のドラマじゃないけど
「人とゆう字は・・」
正に助け合って生きてく
そして本文のメールのように
人と歩み寄る事が大切なんですよね
2007年07月28日 01:01
軽く読める一冊なんだけど、
読み込んでいくと、
人との関係を考えさせられる本なんだと思う。
私自身、ズキッとするとこもあったしね。