お箸を買いたくなる。『究極のお箸』

この前、銀座の箸専門店へ行ってきたという記事をアップしましたが、
その前に、この本を読んでから行ってきました。


箸専門店の「銀座夏野」を経営する著者。
日本伝統の箸、ガラス箸、用途別箸などをはじめに、
箸職人さんたちの現場の話、漆のこと、箸のマナーなど、
お箸について、いろいろと語ってくれる。





とっても楽しい本。
お箸の写真を豊富に載せた写真中心の本だから、
眺めているだけでも楽しいし。
お箸の歴史や持ち方とかも書かれていて、
お箸の魅力をあらためて認識できるステキな一冊でした。


高橋隆太/三省堂
究極のお箸


にほんブログ村 本ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rosy
2007年07月02日 08:21
お箸だけの本って楽しそう
外国の方にもお勧めだね

色んな種類のお箸があるんだろうね
小さい頃使ってた練習用お箸を思い出した
何か、輪っかが付いてた・・?
2007年07月02日 20:30
rosyさん
とってもきれいな本。
外国の方にもいいかもねー。

最近は練習用のお箸もかっこいいの~。
輪っかもなくって(笑)、
とても練習用には見えない!