最後までやってくれました『結婚できない男』最終話

サイコーでした『結婚できない男』。
今までがとっても良かったから
どんな風に終わるかすっごく心配だったんだけど、最後にホロッとさせられて。



最初のみちるの告白は仕方がないね~。
桑野はみちるよりも、ケンちゃんの方が好きだもんね♪
ケンちゃんはキュウリ好き。わたしもキュウリ好き!

みちるの送別会での痴話ゲンカ。あんなの目の前で見せられたら、
みちるじゃなくっても、怒っちゃいます。
やっぱり桑野と夏美さんは、お互いに相手のことが気になってる。
自分の中の存在が大きくて、回りが見えなくなっちゃうし、
どうしても気になっちゃう。

夏美さんとみちるの仲はどうなっちゃうの~?って心配したけど、
不安そうにベンチに座っている夏美さんに
駆け寄っていく時のあの笑顔。安心した~。
みちるちゃん、いい子だったわ。

テレビ出演が決まったとき、
服装のことで夏美さんにアドバイスをもらう桑野。
とっても自然。
そしてそんな桑野にブツブツ思いながらもアドバイスをする夏美さん。
とっても自然。
いいね、この関係。



そして感動のシーン。
「相手に当てて終わりのドッチボールではなく、

わたしはキャッチボールがしたい。あなたと

「ボールは投げました」


こういうことってよくあるかも。
話したことが相手に伝わらない、会話がかみあわない、
すぐ隣りにいるのに、気持ちがかみあわない。ホント哀しいんだよね・・・




そして、診察室。
「自分と自分が大切にしている人の家は設計ができない。。。
 明るく、開放的でみんなが遊びにくるような、
 そんな家に自分が暮らしているイメージができなくて」
「あなたと会って、話し相手がそばにいるのもいいのかなって」

「ようするに、僕はあなたが好きなんじゃないかな」

わぁ~~~~、すっごい大告白!
この時ばかりは、
桑野の気持ちになったり、夏美さんの気持ちになったり、
アッチコッチに飛んじゃいましたよ。
よかったね~夏美さん。

と思ったら、「結果的には結婚できないんですけどね」だけどさ。


なんたる名シーンでしょう。同じ告白でも、
気持ちがまったく伝わってこなかった月9とは違いますね。



最後のばったり出会うシーンもよかったな。
「あなたがどうしてもって言うなら行ってもいいですよ」

「じゃあ来てください。どうしても」なんかいいな~、とっても。

ちらりと素直になっちゃって、
夏美さんの分のスーパーの袋も持ってあげちゃってさ、
やさしいんだから、桑野さんったら。
きっとまた口ケンカしながらも、
一緒に(?)楽しく(?)ロールキャベツとかステーキ作るんだろうな。


で、ラストシーン。
わたしの大嫌いな「○○年後」という安易なテロップは流れなかったよね。
ということは、家の模型と2匹いた金魚鉢のシーン。
あれは現在ってこと?
ということは、桑野はあれを夏美さんに見せたくて家によんだの?
だって、診察室の告白からはしばらく時間経ってる設定だもんね。
それとも、テロップは流れなかったけど将来のこと?

ちょっとだけ謎だけど、視聴者にあれこれ想像させる余地を残すのも
このドラマのよさだったもんな。



甘いシーンとかキスシーンとかまったくないのに、
やっぱり恋愛ドラマだったような気がします。
満足、大満足。


あ~でもとっても気になるのは、
なんで桑野があんなに花柄嫌いになったの?その理由が知りたい。
スペシャルでよろしく!

この記事へのコメント

2006年09月25日 16:18
少々遅くなりましたがコメントさせて頂きます。
信介は、家の模型を夏美に見せたくて部屋に呼んだと思いますよ!夏美の喜ぶ顔が見たかったんだと思います。
これは私の個人的な考えですが、あの後、夏美は料理を作って食べている所辺りで信介の言動に怒り始めて部屋を出って行ったと思うのですが(笑)!
どうでしょう?
2006年09月25日 22:07
のらさん、コメントありがとうございます。
模型ができているのに、偶然会うまで連絡とらないって、なんだか桑野らしいですね(笑)
のらさんのおっしゃる通り、
「なんだ、このロールキャベツは塩辛い!」って言って
夏美さんを怒らせてるかも。
ホントいいドラマでした。
のらさんのブログにもまた寄らせて頂きますね。